人気ブログランキング |

咀嚼酒

沖縄の本を読みあさる私。

面白い話を二つ。

1、妖怪キジムナー
沖縄信仰の中で必ず登場するのが、妖怪のキジムナー
久高ではヒジムナーですね
妖怪といっても、人間にいたずらする程度の妖怪で、人間の世界の近くに住むという子供の妖怪らしい。

戦前は彼を見かけた話が良くあったのが、戦後になるとあまり出会いの話はなくなった。
まあそこまでは良し。
科学の進歩。
そうなんですよね。妖怪の話ですから。

ところが沖縄のおじいとおばあは、なんと
妖怪キジムナーは
「アメリカ軍の艦砲射撃でやられた」
とほんとの話として生きているらしい。

2、泡盛のルーツに関するあたりを読んでいたら
琉球王朝の初期、泡盛の登場がなかったころは、中国からの使者をもてなすお酒をどうしていたか。
ひとつとしてあったのが
咀嚼酒
清水?聖水で清めた、若い娘にご飯を食べさせ、といっても口で丹念に噛んでそれを出し、発酵させたお酒らしい。

ほんとにいい女だったら、一度お願いしたいところですな。
高木沙耶
by tks23118 | 2011-06-30 23:14 | 色んな事あるのさ


海や山から小さな幸せの欠片を集めてくる係をしています。


by sanoman33

プロフィールを見る
更新通知を受け取る